Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Tinder使ってみた

彼氏の家に居候してる身なのだけど、諸事情でオランダに1週間だけ行き、現地で1人で仕事する事に。

オランダは昔2ヶ月程住んだことがあったかから1人で過ごすのはまったく抵抗なかった。けど、その時色んないい出会いをした経験があって、そんな機会がまた欲しいと思ってた。


彼氏とは付き合って4年目で順風満帆だったけれど、彼氏以外とセックスした事がなく、他の人としてみたいと好奇心が強かった。おまけに付き合う前は童貞で、他の人のセックスがどういうものなのか、検討もつかなかった。


住んでる街でtinderをしたら、知ってる人が出てくるかもしれない、彼氏の友達に見られるかもしれない。と思い、手を出さなかった。でも旅行先でtinderを使い、案内してもらった、という経験談を何個か聞いたことがあっえ、やってみてもいいかな、と思ってダウンロードした。


何枚も何枚もの男の写真が出てきて、瞬時にこの人とヤレるかヤレナないか判断することは不思議で、大分自分の好みを理解できる様になるのは面白かった。けど人を外見から判断することに慣れちゃうことは、とてもいい事ではないと理解した。


プロフィールは自分のよく撮れたすっぴんの写真を何枚か乗せて、ソフトウェアエンジニアだという事、物理学とジャズが好きだという全く色気の無い事だけ書いた。この時点ではワンチャンよりも、誰か面白そうな人と仲良くなりたい、という気持ちの方が強かったから、あえてワンチャンに誘いにくそうなプロフィールにする事にした。


案の定、物凄く選り好みしたら、マッチはするけどプロフィールで引くのかあまり会話には繋がらなかった。でもその中に好きな音楽にHiatus KaiyoteやFlying Lotus等を乗せてる、アンニュイな雰囲気を纏った、顔も好みのドイツ人の男の子からジャズについてメッセージが来てた。


ジャズの話をした後、メッセージアプリに移行して少しだけ話した。数日後、だんだんtinderと自分に嫌気がさしてきてアプリを消しもうやめようと思った時、その彼からメッセージがきた。今から良かったら飲みに行って、もしそういう気分だったら家で映画でも見ないか誘われた。


悩んだ末、近場だったら、と言うと何と現在地から10分もしない所に住んでるらしい。あらかじめ、facebookとLinkedIn を特定し、大学生である事を確かめた。知らない男の家になんて色々危ないとは分かっていたけれど、コンピューター・サイエンス専攻で、少しオタクっぽいイケメンで危害を加えなさそうな事と、あまりに近場だったから好奇心を満たすためだけにでも、と思い、会いに行った。


待ち合わせに行ったらハンサムで長身で感じの良い男の子が待っていた。ビールを片手に少し散歩をして、話した後、家にくるか聞かれた。この時点でもう何が起こるかは目に見えてたけど、自分もそうしたいと思ってることを自覚して、家に行くことにした。


部屋はヒッピーさが溢れる内装で、ギターやピアノが服が散らばってて、宅録してる様子もあり、でも布団以外はあまり足場がなく、典型的な大学生の部屋だった。しばらく好きな音楽を見せ合ったりした後、引き寄せられたのでそこから夜の情事を致した。


彼氏とのセックスとはまったく違い、彼はダーティトークを好んだ。話してるときは物凄く穏やかだったのにスイッチが入ると段々汚いこと(オラオラ系なセリフ、何が欲しいか言ってごらん的な)を言い出して、セックス中喋ることに慣れてなかった私は、こんなこと本当に言う人いるんだ…!と思いながら黙ってひたすら首を縦にふったり横に振ったりぐらいしか出来なかった。彼のモノは、比較的対象が彼氏(白人)しかいないけどふた回りほど大きかった。


彼氏は物凄く柔らかく触ってくれるのだけど、彼は乳首を噛んだりクリトリスを荒く扱うので、正直痛かった。けど生まれて初めて手を拘束されたり、首を締められたり、いいなりになって考えずにセックスするのはすごくよかったし、なんだかんだ挿入は気持ちよかった。


心配だったのは、ヤった後、粗末に扱われて、自尊心が傷ついて自己嫌悪に陥る事だったんだけど(ワンチャンにおいて感情を保つためのアドバイスのあるサイトに行くと、どこもヤったらすぐ帰れだの、腕枕をするな等書いてあるのでそうするつもりだった)だけど、終わった後もしばらく撫でてくれたりキスしてくれたり抱きしめてくれたり腕枕でピロートークしてくれたりととても優しかった。そのあと再開して、何回かやってもまだ抱きしめてくれたりしたので安心して夜を過ごした。彼のスタミナは彼氏と比べると圧巻もので、私もイってない分一晩中濡れる事ができた。朝も朝ごはんを作ってくれた。


色々話してるうちに、タバコを吸ったこと無い旨を話したら、調度明日あるから吸ってみないかと誘われた。別れ際にキスしてくれて、家に帰ると首に噛まれた跡や肩に痣などできてて、あと数日したら彼氏の所に戻るのでヤバいと思いつつ、性欲に負け、また仕事してから戻ることにした。


吸って、セックスして、話して、セックスして、抱きしめて、2晩めは目が合えばキスしてくれたり手を繋いでくれたりとっても優しく、まるで恋人同士であるかの様に過ごした。次の日から一生会うことはないだろうし、好きではなかったけれど、不思議と愛おしく思えた。直接言ってはないけどfacebookで私の交際ステータスを見たらしく、キスマークはダメなんだよね、といたずらっぽく言われ、首は避けてくれた。


結果2晩合わせて12回セックスした。


結論


ワンチャンでも丁寧に扱ってくれる男子はいる。2日間しかいないと分かってたからか、最大限相手を思いやることができた気がする。


セックスの相手が欲しいのならtinderは物凄く使えるアプリ。これからも多分仲良くできると思うからセックスありの友達を作るのもよし。


自分にあまり価値がないと想う人はtinderを使って自信をつけることは無理では無いと思う。女子も男子も、聞けば色々教えてもらえる機会があると思う。


Tinderなしでは会うことは無かったであろうような人と色々出会える。使い方次第では楽しくセックスするのは大いにありうると思う。


情事の前も、最中も、その後も、私の帰りを待ってると毎日電話してくれる彼氏に罪悪感は殆ど感じず、本当に自分は悪魔だなと自覚し、早く別れようと思った。